トップ介護入所施設介護老人保健施設安寿苑-入所

介護老人保健施設安寿苑-入所

お問い合わせ

介護老人保健施設安寿苑

0267-64-1721

Fax:0267-64-1710
住所:〒385-0051 長野県佐久市中込1-17-8

生き生きと生活する為に

外観

利用者様が住みなれた「自宅」・「地域」でいつまでも安心して生活が送れるように、生活機能の維持向上を目的とし、個別に必要なリハビリを提供します。入浴や食事、レクリエーションなどの日常生活動作を通して、生きがいや楽しみを見つけるきっかけとなり、「楽しかった、また来たい。」と思っていただけるように努めています。

 

サービス内容

長期入所

介護老人保健施設は、医学的管理化の下で看護・介護や機能訓練を行い、その他必要な医療と日常生活上のケアを提供することで1日でも早くご家庭での生活に戻られるよう、一人一人の能力に応じた日常生活を営むことができるよう支援することを目的とした施設です。

[対象者]
年齢65歳以上で、要介護1~5の認定を受けた方。年齢40~64歳で特定の病気・疾患によって要介護1~5の認定を受けている方。

短期入所(ショートステイ)

利用者さまの心身の状況の変化やご家族の介護負担軽減を図るために必要な介護・看護・その他日常生活上に必要な支援を行います。

[対象者]
要支援または要介護1~5の認定を受けた方が対象となります。

   一日の流れ

日々の様子

リハビリの様子
▲リハビリの様子
レクリエーションの様子
▲お出かけレク

日々の生活の中で個別的な機能訓練を行いながらも、地域との交流や、利用者さまの楽しみのひとつとしてレクリエーション・料理作り・外出の機会などををつくり、実施しています。

設備紹介

談話室
▲談話室
居室
▲居室
一般欲
▲一般浴
特浴
▲特浴

機能訓練室や、利用者さまとご家族でゆっくり話ができる談話室が広く機能的になりました。共用の浴室を中央に配置し、各フロアごとにある食堂や居室の窓からの景観も良く、佐久市や山々の景色が広く見渡せます。個室、多床室(2~4人)を儲け、一人一人のプライベートな空間を大切に持ちながら、集団での生活も楽しめる環境となっています。

利用について

利用を始めるには

介護保険申請済、要介護・要支援度認定のある方

ご担当のケアマネージャー(介護支援専門員)さんへご相談下さい。

介護保険の要介護認定の相談をする場合

まずは、お住まいの市区町村の窓口で要介護認定(要支援認定を含む。以下同じ。)の申請をしましょう。申請後は市区町村の職員などから訪問を受け、聞き取り調査(認定調査)が行われます。
また、市区町村からの依頼により、かかりつけのお医者さんが心身の状況について意見書(主治医意見書)を作成します。

その後、認定調査結果や主治医意見書に基づくコンピュータによる一次判定及び、一次判定結果や主治医意見書に基づく介護認定審査会による二次判定を経て、市区町村が要介護度を決定します。

介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっていますので、自分の要介護度が判定された後は、自分が「どんな介護サービスを受けるか」「どういった事業所を選ぶか」についてサービス計画書(ケアプラン)を作成し、それに基づきサービスの利用が始まります。

社会医療法人恵仁会の医療・福祉のご相談窓口はこちら

利用料金

介護保険制度では、要介護認定による介護度によって、利用料金が異なります。月末締めにて請求書を発行いたします。お支払い方法は、原則として指定口座からの引き落としとさせていただきますが、ご希望に応じ、施設窓口での現金によるお支払い、施設指定口座への振込みによるお支払いも可能です。利用契約時にお支払い方法をご指定下さい。

禁止事項

当施設では、多くの方に安心して療養生活を送っていただくために、利用者の‘営利行為‘宗教の勧誘‘‘特定の政治活動‘は禁止いたします。

利用者からの要望・苦情について

ご利用者及び扶養者は、当施設の提供する介護保健施設サービスに対しての要望又は苦情等について、苦情処理担当者・各市町村の高齢者対策課・国民健康保険団体連合会(026-238-1555)・地区の区長、担当民生委員に申し出ることができます。また、苦情受付ポストを設置しておりますので管理者宛に文書で申し出ができます。

非常災害対策
  • 防災訓練  年2回以上実施
  • 防災設備  スプリンクラー設備:全館  その他:自動火災報知設備、誘導灯等 

サービス提供地域

佐久市

施設概要

概要
施設名 社会医療法人 恵仁会 介護老人保健施設 安寿苑
開設 昭和63年11月
施設長 廣末 恵子
定員(入所) 82名

カテゴリー

地図

このページの先頭へ