トップ採用特設ページスタッフインタビュー2017

スタッフインタビュー2017

エイジ

 

エイジ写真

こんなお仕事しています

介護老人保健施設の入所担当です。在宅復帰を目的にした利用者さんの介助(入浴、排せつ、食事など)に関わっています。
介助、支援を必要とする利用者さんに少しでも生活がしやすくなるように何をしていったらいいのか考え、先輩スタッフに色々教わりながら取り組んでいます。

仕事の様子01

仕事の様子02

仕事のやりがい

利用者さんの何気ない会話で、昔の出来事や知恵など、自分の知らなかったことを教えてもらっています。
何よりも、利用者さんとの会話するとお互いに笑顔になれる瞬間をとても嬉しく思っています。
自分の名前を覚えてもらったり、息子みたい、孫みたい、と笑顔で話しかけてもらえることを励みにしています。

s-h202.png

小学校からずっとサッカーをやってきました。専門学校ではサッカーサークルはなかったので社会人チームに入って続けてきました。また、アルバイトや運転免許取得に励んだ時期もありました。

s-h203.png

専門学校では色んな場所へ実習へ行かせてもらったのですが、介護老人保健施設には行ったことがなく、そこがどんな施設なのか学びたい気持ちもあり、そんな中、就職説明会で老健のある恵仁会が気になって就職希望を出しました。

s-h204.png

まだまだわからない事があり、先輩スタッフに教えてもらうことも多いのですが、わからないままにせず、積極的に質問しようと思っています。学んだことを生かしながら楽しく仕事するのが目標です。

 


 

コズエ

コズエ写真

aina1001.png

くろさわ病院には一般病棟と地域包括ケア病棟があり、私は一般病棟で勤務しています。一般病棟は、急性期治療の患者さまが多い病棟です。日々の業務の中で患者さまの状態を観察し、コミュニケーションをとりながら安全で心安らぐ看護になるよう取り組んでいます。

仕事の様子看護01

仕事の様子看護02

 

yarigai.png

患者さまの笑顔が見られたり、今まで介助していた部分が少しずつ自立してできるようになっていく姿を見たときに、看護師をやっていてよかったなとやりがいと感じます。
患者さまやご家族から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時には、自分のやってきたことは無駄じゃない、できることをもっとやろう、また頑張ろう、とやる気につながっています。

s-h202.png

私は物心がついたときから看護師になりたいとずっと思っていました。学生時代はバレーボールに取り組み、練習も辛かったけど仲間と励ましあいながら頑張ってきました。今でも一番好きなスポーツです。看護学生のときは、勉強も実習も大変で何度もくじけそうになりましたが、同じ看護師を目指す仲間と充実した日々を過ごすことができました。

s-h203.png

私は、看護が学校卒業後は地元での就職を考えていました。そんな中、地域の皆さまに密着した医療を提供している恵仁会に関心を持ち、インターンシップに参加しました。
その時の病院の明るい雰囲気や、スタッフの親切で丁寧な対応が印象に残り、自分もそんなふうになりたいと思って就職を決めました。

s-h204.png

今まで学んだことを元に、観察力を深め、患者さま一人ひとりの状態に合わせたより良い看護をすることです。まわりをよく見て行動し、他の色んな職種の方と連携をとりながら効率よく業務ができるようにしていきたいと思います。


ユカ

ユカ写真

aina1001.png

利用者さまの疾患・状態に合わせたリハビリを行っています。ご本人・ご家族のニーズを伺いながら今後の方向性に合わせ在宅・施設でそれぞれ「何に困っているのか」「必要なのか」等を把握し、生活に必要な動作を練習しています。また、個別リハビリの他に集団リハビリを行ったり、利用者様のことを話し合うカンファレンスにも参加しています。

リハの様子01

リハの様子02

 

yarigai.png

利用者さまが元気に退所する姿やできなかった事ができるようになった時、その喜びを一緒に味わえることです。利用者さまの笑顔や感謝の言葉が私に大きな力とやりがいを与えてくれます。今まで出会った患者様、利用者さまとの関わりは一つ一つ大切な経験として心に残っています。

s-h202.png

小学生の頃からソフトテニスをやっており、高校時代は親元を離れ3年間寮生活をしながらソフトテニスを続けてきました。短髪で前か後ろか分からない程真っ黒に焼けながらインターハイを経験した青春時代でした。大学時代はひとり暮らしをしながら勉強とアルバイトを両立してきました。

s-h203.png

恵仁会では、病気や骨折等で体が不自由になっても住み慣れた地域で、その人らしい幸せな生活ができるよう、病院から老人保健施設、デイサービスや訪問まで幅広く提供しており、保健・医療・介護分野すべてがカバーされていることに魅力を感じました。私も生まれた場所で地域の方々のために働きたいと思い就職しました。

s-h204.png

今までは病院で早期退院に向けて主に身体機能や日常生活動作にアプローチしてきましたが、今は施設で利用者さまひとりひとりと向き合いその人らしさを引き出せる作業療法士を目指して ます。

イベントカレンダー

 
2020年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
   

ピックアップ

このページの先頭へ